お腹周りの脂肪を減らす、リバウンドを防ぐ効率の良い運動とは?

効率よくお腹の脂肪を減らす運動って?

ダイエットで意識することは、効率の良いトレーニングで、「早く脂肪を燃やす方法」を考える事が大事です。ダラダラした運動をしていたら、時間だけが経過して、その内ストレスがたまり逆に脂肪を増やす事になりますからね。

 

悩み

 

前章でお伝えした  脂肪が増えて太る原因

 

 ↓の基本を理解してトレーニングの開始を!

基礎代謝が下がった = 筋肉量が減った  結果太りやすくなる

 

ならば、ダイエットは逆から考えると分かり易いです。
筋肉量を増やして→脂肪を効率よく燃やす→基礎代謝が上がる→脂肪燃焼が早まる→繰り返しでダイエットの成功へ

 

脂肪を減らすには筋肉量を増やすトレーニングから

余談ですが、最近ダイエットで話題になった、華原朋美さん 数か月で25キロ以上のダイエットに成功? しましたね。彼女の場合は個人レッスンのパーソナルジム、相当な努力をされた結果で尊敬したいですね。 短時間のダイエットでしたから、今後リバウンドが来ない事を願うばかりです。

 

本気で痩せたい人は、パーソナルジムが1番ですが、費用も大変.時間の余裕もない人にはチョット考えてしまいますね。

 

 

 

では、ここからが本番ですが、パーソナルジムトレーニングで何故痩せられる??

 

 

 

それは、筋肉量を増やす運動(無酸素運動)から始めて→有酸素運動で脂肪を燃やしているからです。

 

無酸素運動とは筋トレや腹筋等 (キツメの運動で筋肉を鍛える)
有酸素運動とはウォーキングや水泳(ゆるめの運動で脂肪を燃やす)

 

効率の良いダイエットは、まずは無酸素運動で筋肉量を増やす

 

無酸素運動で筋肉量を増やす 効率の良いトレーニング

悩み

 

筋トレや腹筋って凄く大変そう〜 って思いますね、最初から頑張らず自宅トレーニングの場合は、慣らしながら、腰を痛めない様に...... だからと言って腹筋だけでは駄目です。

女性の自宅筋トレは大きな筋肉の鍛えで代謝をあげる

もっと大変そうと思うかも知れませんが、これが筋トレの効率トレーニング方法です。
大きな筋肉とは?

 

人間の体の中心部にある、胸筋.背筋.また太ももや肩.お尻などを意識しながらトレーニングすると良いです

悩み

私がトレーニングしたBYE─10ダイエットの画像引用

 

何故、効率が良いのか?
大きな筋肉から鍛えると、周りの小さな筋肉まで鍛えられ、筋肉量が一石二鳥で増えますね。よって、脂肪燃焼に効果的になります。

 

大きな筋肉の鍛えはYouTube動画などで見れると思いますが.....トレーニング方法 続き→

 

 

 

無酸素運動から有酸素運動で脂肪を燃やす運動とは?

有酸素運動とは、比較的軽めの運動と言いましたね。

 

悩み

 

散歩.ウォーキング.軽いマラソン.ラジオ体操.スイミング 等
比較的誰にでも出来る運動で、健康維持には大切な運動、またダイエットには欠かせない運動です。筋力が増えた後は、脂肪を燃やす運動になるからです。

 

 

ここで覚えて欲しい 豆知識 リバウンドについて

ダイエットをしていると、リバウンドって言葉を聞かれると思いますが、リバウンドには私は2通りあると思っています。

1. ダイエットして5キロ体重が減った ヤッターですが、  2ケ月後2キロ増えてしまった。
これは、運動でも食事でも スパッと止めたら当然リバウンドが来ます。体重は減っても体脂肪がそれほど減ってない、つまり基礎代謝は変わってないはず。 1番駄目なパターンで、太りやすい体に!!

 

2. ダイエット中にリバンドで体重が1キロ増えた。 この場合は全然OKです。
頑張って筋トレをしていたら、当然筋肉量が増え 筋肉の重さが増える1時的な現象と、以前TVでダイエット放送の時トレーニングの指導員が言ってた話では、「1日運動をストップして、思いきり食べる事」だそうです。そうすると、脂肪を燃焼がまた始まる(これ以上体重を落とせない)合図だと言ってました。

 

ダイエット中のリバウンドは良い知らせ、継続が大事。 また、体重より体脂肪のチェックも忘れずに(^▽^)/

 

ダイエットで脂肪を燃やす有酸素運動も効率よく...続く→

トップへ戻る